FC2ブログ

妊娠線ができる人?

妊娠線は妊娠のなかの大きな悩み。予防は?消せるの?妊娠線クリームってなに?妊娠線を予防するマッサージは?妊娠線を予防する方法をひとつづつ答えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠線ってどんな人にできやすいのでしょうか?
答えは、全員です。
妊娠した人は、全員できやすいと考えていたほうがいいかもです。

ただ、できやすい条件があるようなので、妊娠線ができやすい条件をみて、当てはまるようでしたら、妊娠線予防でケアを十分に行ってください。

まず、太り気味で皮下脂肪が多い方。
皮下脂肪は弾力性がありません。
そのため、妊娠で体がふっくらすると、その速度に追いけず、裂けてしまうことがあります。
その時、妊娠線ができてしまいがちになります。
妊娠期は、体の状態が普通の状態ではなくなるので、妊娠線予防も簡単ではありませんが、
急に体重が増えることを防ぐために、妊娠初期から医師と相談して食事に気をつけてください。

それと、双子の赤ちゃんの方。
双子の赤ちゃんを妊娠すると、一人の赤ちゃんよりも、子宮が大きくなります。
子宮が大きくなるとおなかの張りも大きくなり、皮膚が引っ張られる力が大きくなります。
そのため、皮膚が裂け、妊娠線ができてしまうことが多くなるようです。

そのほかにも、一度出産を経験した方や小柄な方など、おなかが前に出やすい方は、妊娠線には要注意です。

逆に、おなかが出てないのに妊娠線ができてしまうこともあるようです。
お肌が乾燥したりと、お肌に柔軟性がなくなると、ちょっと体がふっくらしただけで、妊娠線ができてしまいます。

妊娠線の予防は、一時のケアではなく、妊娠初期から産後まで、こまめに行うことが大切です。
妊娠線予防グッズもありますので、有効活用して、きれいなお肌を維持しましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。