FC2ブログ

妊娠線はどこにできる?

妊娠線は妊娠のなかの大きな悩み。予防は?消せるの?妊娠線クリームってなに?妊娠線を予防するマッサージは?妊娠線を予防する方法をひとつづつ答えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠線はどこにできやすのでしょうか?
答えは、妊娠により、皮膚が伸びやすいところ。
たとえば、おなかの全体、乳房、太もも、おしり。
妊娠すると特に脂肪がつきやすい体になります。
そのため、急激に脂肪がつくと、皮膚が引っ張られます。

妊娠線はおなかにできるイメージがありますが、それ以外のところにもできやすいようです。
妊娠期間が経過すると、赤ちゃんが育っておなかがふっくらしてきます。
それに伴って見た目だけではなく、体重も増加します。
増加した体重をママの体が支えないといけないわけですから、自然と下半身もしっかりします。
急に体重が増加すると急に下半身もしっかりするので、妊娠線は下半身にもできてしまいます。
お尻、太ももあたりがそうですね。

また、おっぱいにもできます。
妊娠期が進むと、体がお乳を出す準備を始めますから、胸の膨らみが増していきます。
この時、皮膚が対応できなくて、妊娠線ができてしまうことがあります。

妊娠時期はホルモンバランスの変化などの体の変化や、季節によっては乾燥しやすかったりする外部の変化など様々な要因でお肌に負担がかかります。
産後に妊娠線が消えればいいのですが、そうではないので、できれば妊娠線ができないようにしたいものです。
お医者様と相談して体重に気を配り、お肌のお手入れをすれば、妊娠線は予防できることが多くあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。