妊娠線予防対策をしよう

妊娠線は妊娠のなかの大きな悩み。予防は?消せるの?妊娠線クリームってなに?妊娠線を予防するマッサージは?妊娠線を予防する方法をひとつづつ答えます。
妊娠線予防対策をしよう
妊娠 | 予防 | クリーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠線予防クリームを毎日塗っていたのに、妊娠線ができてしまった。
そんなご意見をよく聞きます。
妊娠線は、一筋でも目につくと、とても憂鬱になってしまいますよね。

夏は水着になんて思うと、余計に妊娠線が憂鬱に思ってしまいます。

とても残念ですが、一度できた妊娠線を完全に元通りにすることは、
医学的に不可能です。

ただ、できた妊娠線を薄く目立たなくすることは可能なんです。

妊娠線予防クリームなどでしっかり保湿して万全なケアをしていても、
妊娠線ができてしまう人もいます。
それでも毎日妊娠線予防のケアをすることで目立たなくなってくることがあります。

妊娠線は日にちの経過とともに白っぽくなります。
妊娠線ができたばかりの赤い時に比べると目立たないのですが、
赤っぽい時期にケアをしておくことで後の妊娠線の経過が良くなります。

妊娠線ができてしまったから、ケアをやめるのではなく、
妊娠線が大きく広がらないためにも、しっかり妊娠線予防を行ってくださいね。
スポンサーサイト
妊娠線ってどんな人にできやすいのでしょうか?
答えは、全員です。
妊娠した人は、全員できやすいと考えていたほうがいいかもです。

ただ、できやすい条件があるようなので、妊娠線ができやすい条件をみて、当てはまるようでしたら、妊娠線予防でケアを十分に行ってください。

まず、太り気味で皮下脂肪が多い方。
皮下脂肪は弾力性がありません。
そのため、妊娠で体がふっくらすると、その速度に追いけず、裂けてしまうことがあります。
その時、妊娠線ができてしまいがちになります。
妊娠期は、体の状態が普通の状態ではなくなるので、妊娠線予防も簡単ではありませんが、
急に体重が増えることを防ぐために、妊娠初期から医師と相談して食事に気をつけてください。

それと、双子の赤ちゃんの方。
双子の赤ちゃんを妊娠すると、一人の赤ちゃんよりも、子宮が大きくなります。
子宮が大きくなるとおなかの張りも大きくなり、皮膚が引っ張られる力が大きくなります。
そのため、皮膚が裂け、妊娠線ができてしまうことが多くなるようです。

そのほかにも、一度出産を経験した方や小柄な方など、おなかが前に出やすい方は、妊娠線には要注意です。

逆に、おなかが出てないのに妊娠線ができてしまうこともあるようです。
お肌が乾燥したりと、お肌に柔軟性がなくなると、ちょっと体がふっくらしただけで、妊娠線ができてしまいます。

妊娠線の予防は、一時のケアではなく、妊娠初期から産後まで、こまめに行うことが大切です。
妊娠線予防グッズもありますので、有効活用して、きれいなお肌を維持しましょう。

妊娠線はどこにできやすのでしょうか?
答えは、妊娠により、皮膚が伸びやすいところ。
たとえば、おなかの全体、乳房、太もも、おしり。
妊娠すると特に脂肪がつきやすい体になります。
そのため、急激に脂肪がつくと、皮膚が引っ張られます。

妊娠線はおなかにできるイメージがありますが、それ以外のところにもできやすいようです。
妊娠期間が経過すると、赤ちゃんが育っておなかがふっくらしてきます。
それに伴って見た目だけではなく、体重も増加します。
増加した体重をママの体が支えないといけないわけですから、自然と下半身もしっかりします。
急に体重が増加すると急に下半身もしっかりするので、妊娠線は下半身にもできてしまいます。
お尻、太ももあたりがそうですね。

また、おっぱいにもできます。
妊娠期が進むと、体がお乳を出す準備を始めますから、胸の膨らみが増していきます。
この時、皮膚が対応できなくて、妊娠線ができてしまうことがあります。

妊娠時期はホルモンバランスの変化などの体の変化や、季節によっては乾燥しやすかったりする外部の変化など様々な要因でお肌に負担がかかります。
産後に妊娠線が消えればいいのですが、そうではないので、できれば妊娠線ができないようにしたいものです。
お医者様と相談して体重に気を配り、お肌のお手入れをすれば、妊娠線は予防できることが多くあります。

妊娠線が出始める頃は、早ければ妊娠4カ月頃から。
これは、おなかが大きくなる頃ですね。

よく言われるのは、悪阻が終わり、食欲が旺盛になってくる6カ月頃から。
6か月になると、ママのおなかもふっくら目立って、体重も増え始めてきます。

「妊娠線はなぜできる?」でもありましたが、妊娠線は、皮膚が引っ張られることが原因でできますから、
体重が急激に増加すると妊娠線もできやすい状態になります。
ゆっくり徐々に体重が増加すると妊娠線もできにくいですが、一気に体重が増加すると皮膚を引っ張る力が大きくなって妊娠線ができやすくなります。

体重が増え始めたら、ちょっと注意して妊娠線を意識してみてください。

注意といっても何をすれば妊娠線を予防できるの??
そう思いますよね^^
妊娠線の予防は、毎日のお肌のケアが最も大切。

まず、お肌を乾燥させないこと。
これは、お肌が乾燥すると柔軟性がなくなり、皮膚が裂けやすくなるからです。
それと、日々の体重のチェックを欠かさず、一気に体重が増加することを防ぎます。

臨月が近付くと、出産の間近。
赤ちゃんとの対面に心がおどる時期です。
しかし、妊娠線に対する油断は禁物。

赤ちゃんは妊娠8カ月~臨月にかけて、とても成長します。
ママの体は皮下脂肪が貯められ、よりふっくらします。

皮下脂肪は柔軟性がなく、妊娠線をできやすくしていまいます。
お肌も最後の最後まで妊娠線予防に気を抜けません。

出産時のいきみで妊娠線ができてしまう可能性もあります。
妊娠線がもっともできやすいのはお腹ですが、皮膚が伸びているところはどこでもできます。
おなかだけではなく、お尻、太もも、ふくらはぎ、胸全体に妊娠線が出来てしまう人もいます。
妊娠線は、できる場所だけではなく、できる数、大きさも違います。
2、3本の線で済む人もいれば、全体にできてしまうケースも見られます。

では、なぜ妊娠線はできてしまうのでしょうか??
できる理由を知って、対処をすれば、妊娠線を予防する方法を選びやすいですよね。

まず、妊娠線ってなに??

妊娠すると、ママのおなかが膨らみますよね。
おなかだけではなく、胸やふともも、体全体がふっくらしてきます。
妊娠の幸せオーラも^^
その時、ふっくらいした体の皮膚は風船のようにふっぱられています。

妊娠中の体の膨らみに対して、皮膚がついていけないとみみず腫れ状の赤紫の線ができてしまいます。
初めは赤い線ですが、時間が経つにつれて、白い筋として残ってしまいます。
これが妊娠線です。

妊娠期間中は、肌が乾燥しやすくなったり、ストレス、ホルモンバランスの崩れなど精神的にも肉体的にもお肌に負担がかかっていることも考えられます。
そのため、妊娠線ができやすい状態なんですね。

妊娠線は、できてしまったらそっくり元の状態に戻りにくいようです。
出産を終え、育児の中でお子さんとプールに行ったり、夏場の薄着などでお肌の露出をする期間もあります。
妊娠線はおなかの中に赤ちゃんがいる時から、できないように予防することが大切になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。